スマホ認知症かも?!物忘れ対策におすすめな本とサプリはこれ!

サプリメント

物忘れがひどくなったのは加齢のせいだけじゃなかった!原因は「脳」にあったんです。

え?脳?どういうこと?って思ったら、ぜひこの方法を試してみてください!

私がたった1冊の本を読んで実際に行動してみたら、3日でかなり改善したので体験レビューしちゃいます。

物忘れの悩みは深かった

まず、私が40代に入って、真っ先に悩んでしまったのが物忘れ。

自分でも驚くほど、うっかりが増えて記憶力もかなり低下していると感じていました。

特に感じていたのがこの3つ。

  • 人から頼まれたことを忘れる
  • これやろう!と思い立った途端にすぐ忘れる
  • 記憶力も低下して思い出そうとしても思い出せない

このままでは、生活や仕事に悪影響が出るし、何より家族や会社の人に迷惑がかかるのが
本当に嫌で、DHCのサプリメント「さえざえ」を飲んでいたくらいです。

物忘れのサプリ「DHCさえざえ」の実感は?口コミレビュー
DHCのサプリメント「さえざえ」を実際に買って、1週間飲んでみました。実感できた効果は3つ!やはり何もしないより、頭をすっきりさせたり、仕事や習い事などに集中出来るほうが良いですよね。物忘れが気になりだして対策をするならサプリメントがオススメです。

ですが、実はこの物忘れ、根本的な原因は別のところにあったのが判明!

そのことに気づかせてくれた1冊の本をご紹介します。

「ミス」はあなたではなく「脳」のせい。

まず、1ページ目を開いて最初に目に入ってきた言葉です。
この本には、ミスをするのは、自分の脳の情報処理の「仕組み」のせいで起こる。
と書かれています。

これだけで、悩みが吹っ飛びました。
だって、原因が脳の情報処理の「仕組み」ならば、それを解決する方法がある
ということですから。

ところで脳の情報処理の仕組みって何でしょうね?

脳をコンビニのレジに例えて解説

世の中には多くの情報があふれています。
テレビ、ラジオ、ネット、本、etc・・・。

それらをインプットして処理するのが「脳」の役割でもあります。

ところが、最近ではその情報量があまりにも多すぎるせいで
脳がオーバーフローを起こして、処理しきれていません。

例えて言うならば、2台しかレジがないコンビニに、一度に50人のお客さんが
会計をしようとするようなものです。

これでは、長蛇の列ができてしまい、レジはパンク状態になりますよね。

人間の脳は一度に処理できる情報量が(個人差はあれど)限界があります。

この情報量が多すぎると、脳は疲れます。

つまり「脳疲労」を起こすのです。

しかし、この脳疲労は年齢にはあまり関係なく、20代でも起こします。

では、40代からの物忘れの原因はいったい何だと思いますか?

脳は筋肉と同じ!使えば使うほど成長する

40代になると「もう年だから物忘れがひどくて・・・」と
加齢のせいにしてしまいがちです。

ところが、70代、80代でも物忘れがほとんどないご高齢者の方もいますよね?

と言う事は、確かに加齢が物忘れの原因の1つではあるのに
物忘れがひどい人もいれば、そうでない人もいる。
この違いはいったい何でしょう?

実は「脳は使えば使うほど年齢に関係なく成長する」と言う事が
近年の研究でも判明しています。

例えば、スケジュールをスマホで管理する人と手帳に書く人では
記憶力が良いのは「手帳に書く人」だそうです。

これは手書きをすることで、脳が刺激されるからなんです。

脳のどの部分が刺激されるのか?

私たちの脳には、各部分によってさまざまな役割があります。

例えば「海馬」は記憶を司る部分として有名です。
前頭葉は意思や感情、言語といった機能を司る部分など、
テレビや健康雑誌などでも紹介されていますので
ご存知の方も多いと思います。

メモを手書きにすることで、刺激を受ける脳の部分は
「脳幹の網様体賦活系」と呼ばれる部分です。

網様体賦活系・・・読めませんよね。
「もうようたいふかつけい」と言います。

これは、脳内では「注意の司令塔」にあたる部分で
「重要な要件」と「そうでもない要件」を仕分ける
フィルターの役割を持っています。

手書きのメモをすることで、この網様体賦活系が
刺激されて、記憶力や集中力がアップするので
インプットのミスが減らせます。

手書きメモは、記憶力や集中力がアップするよ!

具体的な鍛え方は「勉強」だった

子供の頃や、学生時代は毎日、否が応でも勉強をしていました。
かったるいと思いながらもやっていた宿題。
中間テストや期末テストに向けての勉強。
高校、大学受験のために、夜中まで必死に机にかじりついていた事もありました。

ところが、大人になると勉強する機会が大幅に減ったと思いませんか?

私は、極端に減ったと思います。

余談ですが、自分の子供時代には数多くの本を読み、毎日のように
アイドルの歌の歌詞を耳コピしてノートに書いていました。

耳からインプットした情報を、ノートにアウトプットすることで
私の記憶には、今でも当時のアイドルの歌詞を覚えています。

でも、これが実は「記憶力」「集中力」に直結している行動だったのですね。

物忘れに悩んでいる今なら、よーく理解できます。

大人の勉強は資格取得がカギ

資格取得と言うと「仕事に役立つもの」が、真っ先に思い浮かぶのではないのでしょうか。

でも、この本では「資格を取得するために勉強することが大事」と書かれています。

仕事に役立つ資格を取得するのも良いですが、本質は「勉強する」ことにあるので
自分の興味のある分野、好きなものの資格を取る事を「目標」にして
試験勉強をすることが「脳トレ」につながるのです。

つまり、勉強をすることで脳が鍛えられる。と言うことなんですよね。

ちなみに私は、昔から苦手だった「英会話」の勉強を始めました。
と言っても、高校生レベルからやり直さないといけないくらい
英語に対しての理解力がありません。

今は「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。」で
英文法を勉強中です。

他にも、アロマテラピーや漢字検定なんてのも良いですね!

スマホ認知症はやばい?!


今や誰しもが持っているスマートフォン。私も持っています。

以前の私は、とにかくスマホ依存症と言われてもおかしくないほど
自分のそばに常にスマホを持ち歩いていました。

ところが、このスマホ。便利な反面、ありとあらゆる情報を表示するため
逆に「脳疲労」の原因になってしまっています。

脳が一番疲れるのは「スマホ」だった

例えば電車の中ではスマホをいじっている人が多いですよね。
朝の通勤電車でも、大半の人がスマホをいじっています。

でも実は、スマホで調べた情報って記憶に残らないんですよね。
それどころか、調べたら大抵のことは分かるので、自分の頭で
考えたり、記憶する必要がないんです。

だって、GoogleやYahoo!で検索すれば大抵の情報は得られますから。

しかも、スマホでTwitterやブログ、ニュースサイトなど、ありとあらゆる情報が
過剰にインプットされて、脳が疲弊してしまう。

これが「スマホ認知症」と呼ばれる原因です。

脳は休ませて回復させると・・・

この本には、1日7時間の睡眠が脳のパフォーマンス向上につながる
実験と結果が書かれています。

1日6時間でも大丈夫。という人は、自己洞察力が誤っている可能性があります。
実際、睡眠時間が6時間で「物忘れ」「ミス」が多い場合は、1週間だけ
7時間睡眠を試してみると良いですよ。

物忘れにはサプリを併用すると早い効果が実感!

さて、私は「絶対にミスをしない人の脳の習慣 [ 樺沢 紫苑 ]」の本を読んで、
1日7時間睡眠、大人の勉強(英会話)、運動(ウォーキング30分)を行った結果
なんと、物忘れが驚くほど改善しました。(※私個人の感想です。)

しかしながら、40代半ばともなると「更年期」も来ており
そのせいか、やはり物忘れも全然なくなったわけではありません。

そこで毎日飲んでいるのがサプリメントです。

ですが、私が飲んでいるのは2種類だけ。

それが「DHC さえざえ」と「fracora プラセンタ」です。

物忘れにサプリを飲む理由

生活習慣をほんの少し変えただけで、以前のような記憶力や集中力、
思考力が感じられたとは言っても加齢による衰えは、
できるだけ予防したい気持ちが強いんですよね。

だってボケてしまったら、もう元に戻らないじゃないですか。
それが怖いんです。

認知症で悲惨な事故は現実に起きていますし、
私はそうなりたくない。

そのために出来る事はやるべきだと思ったからこそ
物忘れの対策にサプリメントを飲んでいます。

おかげさまで、今のところ本当に心身共に調子が良いです。

サプリを飲まなかったら、更年期にやられっぱなしで
お薬のお世話になっていたかもしれません。

予防は治療に勝るという言葉がありますけど、
本当にそうだなーと実感しています。

物忘れ対策のまとめ

私の体験に基づいたものですが、40代からの物忘れの原因は「脳疲労」「脳を使わない」事が原因でした。

そこで、物忘れがひどくて、もうどうしていいか分からない・・・。という方には

まず、この本をお勧めします。

次に、このサプリメントを試してみてください。

更年期に悩んでいる女性なら「プラセンタ」も一緒にどうぞ。

物忘れがひどいから、サプリメントを飲めば良くなる。
と言うわけではなく、生活習慣をほんの少し変えて
物忘れを予防する、という意識でサプリメントを飲むことが
良いのかな、と思います。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました