ストレスが少ない白髪染め!ルプルプ ヘアカラートリートメントなら自宅で簡単にできます。

ルプルプヘアカラートリートメントはストレスの少ない白髪染めです。

白髪染め、自宅でやる派の私は、最近ドラッグストアで売っている白髪染めから
一部店舗やネットショップでしか売っていないルプルプの白髪染めに切り替えました!

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

9月に初めて、ドラッグストアでは売っていない「ルプルプ ヘアカラーフォーム」で
白髪染めをやってみました。

白髪の部分染め、ルプルプの泡で試してみた!口コミ(写真付き)
ルプルプの泡タイプカラートリートメントフォームを実際に使った体験レビュー。白髪染めの準備から仕上がりまでを写真ありでご紹介しています。

あれから、2か月以上経ち、生え白髪が目立つ度に、ドラッグストアで販売している
白髪染めで染めていたのですが、正直、ルプルプを使ってから
「もう薬品が入った白髪染めは使いたくない!」と本気で強く思ったんですよね。

白髪染めをルプルプに切り替えた理由

これまで、手軽に買えるし値段も安いからと、ドラッグストアで販売している
白髪染めを使ってきたんです。

ところがある日、自分の髪の毛がやせ細り、くせもひどく、髪質はパサパサになって
大変みすぼらしい髪の毛になっているのに気が付いたんですよね。

そこで色々調べたり、行きつけの美容院で話を聞いたら、
どうやら市販の安い白髪染めと、日ごろのお手入れがダメだったとのこと。

40代でも、美しい艶とコシのある髪の毛は、やっぱり憧れますよね。

そして何より、ルプルプ ヘアカラーフォームを使ってから、
市販の白髪染めが嫌になってしまったことが一番大きいですね!

ドラッグストアの白髪染めを使うメリットは?

白髪染めのカラーが豊富

とにかく、白髪染めのカラーが豊富です。
例えば「ブラウン」と言っても、明るめからなブラウンから、深みのあるモカ、
艶のある栗毛をイメージしたマロン、落ち着いたダークブラウンなどなど、
カラートーンが何段階かに分けて販売されています。

初めて白髪を染める時や、どのカラーが自分のイメージした色が出るのかの
参考になる、染め上がりのサンプルも売り場に置いてあるので、色を選びやすいんですよね。

でも、その色に仕上がったことは一度もありませんでしたが・・・・・・。

白髪がしっかり染まる

ドラッグストアで販売している白髪染めは、色がしっかり入るので、
一度の白髪染め作業で終わらせることができます。
生え際もきちんと染められていますが、失敗すると残念な感じになります。

クリームタイプ・乳液タイプ・フォームタイプの3種類がある

これはメーカーにもよりますが、一般的にはクリームタイプ、乳液タイプ
フォーム(泡)タイプの3種類があります。
自分で白髪染めをするなら、上手にできる方法が選べるのは助かりますよね。

メリットがこんなにあるなら、デメリットはないの?

ドラッグストアの白髪染めを使うデメリットは?

薬品でアレルギーが起こる

一般的なヘアカラーで使われている「ジアミン」って聞いたことありませんか?

実は、このジアミンが原因でアレルギー反応を起こす方が非常に多いのです。
ほんのちょっと肌に触れただけでヒリヒリと痛み出して、ひどい時には
触れた部分が腫れたり、全身に痒みが出てしまうほど。

特に値段の安いヘアカラーには、この「ジアミン(酸化染料)」が入っているものがほとんどなのです。

ヘアカラー剤に使用される主な酸化染料
パラフェニレンジアミン

硫酸トルエン2.5-ジアミン

パラアミノフェノール

オルトアミノフェノール

メタアミノフェノール

塩酸2.4-ジアミノフェノキシエタノール

レゾルシン

赤字で書かれている酸化染料が、アレルギー発症の報告例が特に多い酸化染料です。
出典:消費者安全調査委員会

香りが苦手

薬品を使用しているので、やはりどうしても白髪染めを行っている最中は
部屋に白髪染め特有の香りが漂ってしまいます。

換気を十分にしていても、香り控えめなタイプを使っていても
作業に15分以上はかかるので、仕方のないことかもしれません。

実はコストが高かった

値段が安いからとドラッグストアで買っていた白髪染め。
実はコストが高くついていたことに気が付いてしまいました。

例えば、全体に染める場合の白髪染めが必要な目安量は、
ショートヘアーで1箱分、セミロングで2箱、ロングヘアーなら4箱くらいです。

ロングヘアーなら美容師さんに染めてもらった方が、だんぜん楽ですよね。

ところが、1回分の価格で見ると、ドラッグストアで販売している白髪染めの方が
ルプルプに比べて、若干高かったんです。

ルプルプ ヘアカラートリートメントの1回分はたったの540円

これまで、白髪染め1回分の値段なんて気にもしていませんでしたが、
周期的に何度も白髪染めはするので、ちょっと計算してみました。
まずはこちらをご覧ください。
ルプルプ ヘアカラートリートメント
見づらいかもしれませんが、一番下の部分に
ショートなら約6回分、セミロングで約4回分[全体染めの場合]と書かれているんです。

ショートヘアーの場合
通常価格なら3,240円(税込)なので、1回分は540円!
初回限定なら1,980円(税込)なので、1回分は330円!

私がいつも使っていた白髪染めホーユー ビゲン香りのヘアカラークリームは1箱で1回分でしたので、比べるとルプルプの方がお得でした!

ルプルプを使うデメリット

ドラッグストアで販売している白髪染めと比べて、
ルプルプを使うメリットとデメリットを考えてみました。

1回ではしっかり染まりづらい。

市販の白髪染めと比べると、やはり染め上がりは少し薄いですね。
初めて使う場合は、1日1回を3回連続で使うことで色がしっかり染まります。

最初の3日連続で白髪染めをするのは、ちょっと手間がかかりますけどね。

購入できるお店が決まっている

ルプルプは、Loftや東急ハンズ、楽天市場、Amazon、公式サイトでしか販売していないので、ちょっと近所のドラッグストアで~、スーパーでついでに買って~、といった感じで気軽に買えないです。

でも、定期便を利用すれば、そんな心配もありません。

ルプルプを使うメリット

定期便だと、お得で便利です。

ルプルプの定期便は、1・2・3か月ごとから選べます。
定期便だと10%オフ!毎回、送料無料!途中でカラーの変更もOK!

定期便は公式サイトでしか申し込みできないので、
無くなるたびに注文したり買いに出かけるのが面倒な場合は、定期便がとても便利です!

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

エッセンシャルオイルの香りが良いから、心地よく使える

aroma-600-425
白髪染めに、エッセンシャルオイルを使用しているのは珍しいですよね。
ルプルプ ヘアカラーフォームを使っていた時にも同じ事を実感したのですが、
やはり香りでストレスなく、白髪染めの作業をできるのは気分的にも楽なんです。

ルプルプは男女兼用だから夫婦・彼氏と一緒に使えます。

白髪って目立ちます。特に若い男性の髪の毛に白髪があると、
明らかに実年齢よりも年上に見られます。

私も30代後半から、白髪が生え際でごっそり目立つようになってしまい、
50代に見られたこともあって、結構悩みました。

気持ち的に「まだ40歳前なのに・・・・・・。」と、相当凹んでいたものです。

ところがこの悩み、女性だけでなく男性にもあるんです。

そんな時に、ラジオで聞いた、とある男性リスナーの投稿を聞いて
「ルプルプ ヘアカラートリートメントを使おう!」と、決心したのです。

ある日、入浴中に妻の白髪染めヘアカラートリートメントを使ってみました。
それから数日おきに使い続けていくうちに、白髪が目立たなくなり、髪のクセもなくなり、サラサラの髪の毛になりました。こんなオヤジ、いかがですか?

さすがに商品名まではラジオ放送なので言ってませんでしたが、
入浴中にも使えるヘアカラートリートメントはそれほど多くはありません。

ルプルプ ヘアカラートリートメントも入浴中に使えますので
パートナーの白髪が目立っていたら、さりげなく薦めてみるといいですよ。
お風呂場に置いてあって「使ってみたら?」と言うだけで、
案外やってみる男性は多いんですよ~。

まとめ

ルプルプ ヘアカラートリートメントは使い方も簡単ですし、
何より、白髪を染めている時のストレスが少ないので
市販の白髪染めを使ってウンザリされている方に試して欲しいです。

2本定期便の方がお得!解約もできるから安心ですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました